サイクルフェスタ

10月14日OITAサイクルフェスタ
”おおいた いこいの道クリテリウム”のイベントに
行ってきました。
1.1Kmの道を30周します。
距離が短いのですぐ廻ってきます。迫力ありました。
プロと市民のパレードもありました。



c0049537_15595014.jpg


c0049537_1604786.jpg


c0049537_1611372.jpg


c0049537_1613726.jpg


c0049537_1615583.jpg


c0049537_1621955.jpg


c0049537_1624617.jpg


c0049537_163735.jpg


c0049537_1632861.jpg


c0049537_1634454.jpg

[PR]

# by miyu390 | 2017-10-16 16:04 | Comments(0)

花と蝶

近くの土手にヒガンバナがたくさん咲いていました。
しばらくいたら蝶々がひらひら。
なかなかじっとしてくれません。

c0049537_20500341.jpg

c0049537_20502125.jpg

c0049537_20505440.jpg

c0049537_20511624.jpg

c0049537_20513652.jpg

c0049537_20515502.jpg

c0049537_20523879.jpg




[PR]

# by miyu390 | 2017-09-30 20:59 | Comments(0)

庭のヒガンバナ

我が家の庭にもヒガンバナが咲き出しました。
9月18日白のヒガンバナが咲き出しました。
2日遅れて赤いヒガンバナが咲きました。
ちゃんと彼岸が来ればヒガンバナ咲きますね。


c0049537_21222615.jpg


c0049537_21235263.jpg


c0049537_21241505.jpg


c0049537_21243326.jpg

ノカンゾウ
c0049537_21245625.jpg

ニラの花
c0049537_21251071.jpg

[PR]

# by miyu390 | 2017-09-24 21:32 | Comments(0)

高原の花

9月3日

阿蘇の鞍岳に行ってきました。
1119mと低い山ですが5つのピークを押さえました。
こだけ(1050m)→女岳(1090m)→鞍岳(1119m)
→ツームシ山(1064m)→まご岳(1030m)
尾根歩きです。高原には花がたくさん咲いていました。

鞍岳山頂 男岳と女岳の双児峰で山麓の菊池市や大津町から眺めると馬の鞍
のように見えるところが山名の由来です。
c0049537_18112116.jpg


ツームシ山 名前の由来は?
熊本方言でツームシとは甲虫、黄金虫、玉虫のこと、ツームシが大繁殖し
山全体の木を枯らしてしまったことから。
c0049537_18121140.jpg


マツムシソウ
c0049537_18282488.jpg


ヤマハハコ
c0049537_18285685.jpg


アオヤギソウ
c0049537_18292815.jpg


タムラソウ
c0049537_18294974.jpg


ヤマホトトギス
c0049537_18302240.jpg


コオニユリ
c0049537_18305396.jpg

[PR]

# by miyu390 | 2017-09-07 18:33 | Comments(0)

根子岳登山

8月27日

阿蘇の山で唯一登山規制されていない根子岳に登ってきました。
東登山口と南登山口から登れます。
私たちは東登山口より登りました。
根子岳のギザギザが欠けていると聞いていたのでどんなだろうかと
見てみたかったです。
あちこち欠けてるかもしれませんが頂上より見えるのは天狗の岩の東側が
剥がれ落ちていました。傍まで行けていましたが通行禁止の立て札が立って
いました。
野の花もいろいろ咲いて秋の風が吹いていました。

阿蘇に近づくにつれて霧が深くなり山は見えませんでした
c0049537_17491832.jpg


頂上に着くころから霧が晴れて青空になりました ヤッホー!
天狗の岩が剥がれ落ちていました 白いところです
c0049537_17501981.jpg


もう下りるころにはガスがかかり始めていました
c0049537_17514497.jpg


イヨフウロ よく見たら雄蕊がありません。フウロには雌性先熟(しせいせ
んじゅく)と言う性質があるらしく、開花時点では雌しべのみが成熟して、
受粉のみを行う雌性期と、その後雄しべが成熟して花粉を放出するようになる
(雄性期)とがあるんだそうです。
c0049537_1754535.jpg


キンミズヒキ
c0049537_17565992.jpg


サイヨウシャジン
c0049537_17573174.jpg


ホソバシュロソウ
c0049537_1758385.jpg

[PR]

# by miyu390 | 2017-09-04 18:04 | Comments(0)